ドアバイザーを取り付けてみよう!

1万セット以上を販売している弊社のドアバイザー
実は簡単に取り付けが出来るんです!
ご自分で出来るドアバイザーの取り付け方法をご紹介します。

まず、作業をするのに車の窓を開けます

下準備として、
油除去できるシートやアルコールを含んだウェットティッシュなどで
ドアバイザーを貼り付ける車体の部分の油分を拭き取ります。

フロント、リアともに
ドアと、ドアバイザーの形に合わせて取り付ける位置を決めて、
ドアバイザーの穴の位置から金具を取り付ける位置を確認します。
マスキングテープなどで目印をつけておくと良いです。

金具の穴の開いてるほうが表に出るように
ガラスランを少しめくり、金具を差し込んで取り付けます。

再びドアバイザーの穴の位置と取り付けた金具の位置を確認します。
もし金具の位置がずれていた場合、
金具を無理やり動かすと車体を傷つける恐れがございますので
一度取り外しから正しい位置に取り付けてください。

金具を取り付けたら
ドアバイザーを貼り付けていきます。
裏側に付いている両面テープを少しはがして車体に仮止めをします

仮止めで正しい位置を確認できたら、
少しずつ両面テープをはがしながら、車体に取り付けます。

ドアバイザーの穴に付属のピンを差し込みます

ドアバイザーと金具を間に挟んで、
ピンの反対側にキャップを取り付けて固定します

しっかり固定されているか確認できたら完成です!

両面テープがはがれる原因になりますので、
取り付け後すぐの運転や、雨や水に濡れないように
ご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です